ビジネスブログ|韓国語スクールなら福岡韓国語学校ウリにお任せ下さい。

福岡韓国語学校ウリ
2021年12月23日 [ウリからのお知らせ]
今年も終わりに近づいていますね。
みなさんにとって、今年はどのような年でしたか?

「韓国語を始めた!」
「BTSにハマった!」
という人もいらっしゃるかもしれません。

ウリに通われている方や、新しく入られた生徒さんのなかにも、
K-POPやドラマが好き!という方がたくさんいらっしゃいます。

世界的に熱い注目を集めている韓国のエンタメ。
今年はどのようなことがあったのでしょうか。
個人的に印象に残った出来事を5つご紹介します。


@Brave Girlsが4年ぶりにチャート逆走



2017年にリリースされた「Rollin'」が、YouTubeの動画をきっかけに再注目を集め、音楽番組1位まで獲得。
解散寸前だったBrave Girlsは、EXID以来の劇的な逆走神話で大人気アイドルとなりました。



Aaespa(エスパ)の Next Level/넥스트 레벨がロングランヒット



5月にリリースされた「Next Level」は、MV公開から約1ヶ月で1億回再生を記録。
韓国の音源サイトMelonでは、2021年に1億ストリーミングを記録し、
グループ単独ではaespaだけが達成した偉業です。
音楽番組でも数カ月間1位を記録し、その後も長い間1位候補になっていました。
中毒性のある曲で、特徴的な振り付けと共にK-popアイドルの中でも大人気に。
今年を代表する曲のひとつとなりました。
(一度聴いたら頭から離れない…)


B有観客のイベントが徐々に開催



音楽番組は未だに無観客が続いていますが、コンサートや授賞式、対面のサイン会など、
直接ファンと出会う場が徐々に復活しています。
とはいえ、観客は声が出せず応援は全て拍手。
そんな中生まれたのが、たBTOBウングァンがイベントで放った
「소리지르지 말고〜박수쳐!!(叫ばずに拍手して!)」です。
一緒にイベントに出演していた後輩アイドルたちも真似をし、この言葉は流行語となりました。


C「イカゲーム」「地獄が呼んでいる」の世界的大ヒット



Netflixオリジナルドラマの韓国作品が世界的なヒットを記録。
どちらも見る人を引き込むストーリーと、信頼できる俳優陣で、
一気に見てしっまたという人も多いのではないでしょうか(私です)
来年は、どんなドラマが見られるのでしょうか。楽しみですね。


D「ストリートウーマンファイター」でダンサーたちがアイドル並の人気に



ダンサーによるサバイバル番組「ストリートウーマンファイター」は、
初回から鳥肌の立つような熱い戦いが繰り広げられ、韓国では大流行となりました。
2021年の「MAMA」にも出演し、ダンサーたちは数多くのメディアで引っ張りだこ。
番組では数々の名場面や流行語を生み出しました。
例えば、「내가 원했던게 이거잖아(私が見たかったのこれじゃん)」は、
ダンサーのリップジェイがバトルを見て言った一言。
バラエティー番組やYouTubeのサムネイルでも、よく使われるようになりました。


個人的に印象に残った韓国エンタメの出来事を5つご紹介しました。
K-popにドラマ、ダンサーなど、今年もさまざまなブームを巻き起こした韓国のエンタメ業界。
来年は、いったいどんなブームが生まれるのか楽しみですね。


2021年12月17日 [ウリからのお知らせ]
みなさんは、「영통(ヨントン)」をされたことありますか?
ヨントンとは「영상통화(ヨンサントンファ)」を略した言葉で、オンラインで開かれるサイン会のことです。

オンライン

コロナ禍で直接ファンに会えないため、現在ではオンラインを通したサイン会が
一般的となりました(韓国では対面サイン会も開催されつつあります)

この영통(ヨントン)にマネージャーH、初当選しました。

これまで何度もヨントンをする機会があったのですが、
直接会って話したい気持ちの方が大きかったのです。

が!!

グループの事情でしばらく活動がないため応募したところ、当選しました!

アイドル

準備万端で迎えた当日。
無事にヨントンを終えた後に出た一言目が、
「韓国語勉強していてよかった!!!!!」でした。

通訳さんをつけず、言いたいことをまとめたカンペだけを準備していたのですが、
伝えたことに対して向こうから質問をされたりして、きちんと「会話」ができたことは、
個人的にとても嬉しかったです。

具体的には、

・会話が一方的ではない
・自分の言葉で想いをダイレクトに伝えられる
・意思疎通がすぐに出来るので時間いっぱい話せる
・相手も母国語なので会話が進みやすい
・韓国語が上手だと褒めてもらえる

などのメリットがあり、大満足の영통となりました。


このことを先生に話したら、生徒さんにも同じ経験をされた方がいたそうで、
同じように「韓国語を勉強していてよかった」と聞いた時には、とても嬉しかったと聞きました。

また、別の生徒さんもたまたまアイドルと遭遇した時に、
韓国語で話しかけれた時は「やっててよかった…」と感じたそうです。

勉強を続けていると何度か訪れる、この「勉強をしていてよかった」という瞬間。

「翻訳機や通訳さんに頼らずにアイドルと自分の言葉で話せた!」
「韓国の番組やドラマのセリフを聞き取れるようになった!」

などなど、さまざまな場面で感じると思います。
韓国語を始めるきっかけも、勉強の成果を感じる瞬間も人それぞれ。
大きな目標が今はなくても、少しでも興味があればぜひ第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

福岡韓国語学校ウリでは、無料体験レッスンを開催中です。
もちろんオンラインでの授業も受け付けているので、遠方の方もご相談ください。

2021年12月03日 [ウリからのお知らせ]
Netflixといえば他では見られないオリジナルドラマです。
Netflixは潤沢な資金があるため、どの作品も映画並みのクオリティで制作されます。

アカデミー賞にノミネートされた作品も多く、動画配信サービスの中でも異彩を放っている存在です。
そんなNetflixですが、近年は韓国作品の世界的な大ヒットが続いており、
これまでとは異なるK-ドラマとして注目を集めています。

今回は、韓国のNetflixオリジナルドラマ5作品をご紹介していきます。


@地獄が呼んでいる


ユ・アイン(ベテラン)×ヨン・サンホ監督(新感染ファイナルエクスプレス)が
タッグを組んだことで、公開前から話題になっていたドラマです。

公開わずか1日で世界24ヶ国で1位を獲得。
「イカゲーム」の記録を塗り替えたことで、前評判以上の話題作となっています。

「地獄が呼んでいる」あらすじ
この世のものではない"何か"が突然現れ、人間たちを地獄へと突き落とす...。
人々が恐怖におののく中、この現象を神の裁きだと主張する宗教団体が台頭し始める。
(Netflixより抜粋)

ユ・アインの他に、ミン・へジン、パク・ジョンミンなどの実力派俳優が勢揃いしていますが、
なかでも(個人的に)注目したのが、刑事の娘役を演じたイレです。
イレはヨン・サンホ監督の「新 感染半島ファイナル・ステージ」にも出演しており、
釜日映画賞授賞式で女優助演賞を受賞した実力の持ち主。
ドラマ内で見せた演技に鳥肌が立ちました...。


Aイカゲーム


もはや、ここで説明する必要もない作品の「イカゲーム」。
全世界で大ヒットを記録しており、2021年を代表するドラマとなりました。
ドラマに出てくる「タルゴナ」は、作るのもするのも大流行中!!
実際にドラマでタルゴナを作ったお店では、タルゴナを買うために6時間以上の列が出来たそうです。

「イカゲーム」あらすじ
勝てば天国、負ければ…即死。
賞金に目がくらみ、奇妙なゲームへの招待を受けた参加者たちを待っていたのは
昔ながらの遊びを取り入れた死のゲームだった。
(Netflixより抜粋)

【イカゲーム】は韓国語の勉強になる?ならない?


Bキングダム


2019年から配信が開始された「キングダム」は、時代劇×ゾンビの新感覚ドラマです。
脚本は人気ドラマ「シグナル」のキム・ウニが担当しました。

キム・ウニはかねてより構想を練っていたそうですが、残忍なシーンが多いため
地上波での制作は現実的ではないと思っていたそうです。
そんな時にNetflixでの制作の話があり、異色のドラマが実現しました。

出演はペ・ドゥナ×チュ・ジフン×リュ・スンリョンの実力派俳優が集結。
謎の疫病と王宮の陰謀が絡むゾンビスリラーです。
2021年には、チョン・ジヒョン出演の特別エピソード「キングダム:アシンの物語」が配信中です。

「キングダム」あらすじ
王が病に倒れたといううわさが国を揺るがす中、大流行の兆しを見せる不気味な疫病。
王宮に渦巻く悪しき陰謀と野心から民衆を救うため、世子は宿命の旅に出る。
(Netflixより抜粋)


Cムーブ・トゥ・ヘブン〜私は遺品整理士です〜


イ・ジェフン(シグナル)主演の「ムーブ・トゥ・ヘブン」は、
疎遠だった叔父とこだわりが強い青年がある出来事を機に同居をしながら、
遺品整理の仕事をしていく話です。
このドラマは、遺品整理士のキム・セビョルのエッセイ「去った後に残されたものたち」を
モチーフにしたもの。
遺品から見える人間の生き様や家族の関係、そして遺品整理を通して
叔父と青年の関係性にも変化が見える心温まるヒューマンドラマです。

「ムーブ・トゥ・ヘブン〜私は遺品整理士です〜」あらすじ
強いこだわりをもつ青年と、これまでずっと疎遠だった叔父。
突然同居を始めた2人の仕事は、遺品が教えてくれる故人の想いを、残された者たちに届けること。
(Netflixより抜粋)


DD.P. ‐脱走兵追跡官‐


チョン・ヘイン(よくおごってくれる綺麗なお姉さん)と、
ク・ギョファン(新 感染半島ファイナル・ステージ)が
脱走兵を追跡する部隊に配属される青年を演じています。

韓国人男性なら誰もが経験する兵役。友人や恋人、好きなアイドルや俳優も入隊するため、
兵役を身近に感じる人も多いのではないでしょうか。

厳しい上下関係やつらい訓練に脱走する人も少なくなく、脱走兵を追うための
D.Pは実在する部隊だそうです。

このドラマの原作はウェブトゥーンなのですが、実は原作者がD.P出身。
だからこそ、自身の経験も踏まえたリアルな内容になっているのです。

「D.P. ‐脱走兵追跡官‐」あらすじ
兵役義務により入隊した青年が、軍の脱走兵を追跡する部隊に配属されることに。
任務にあたるなかで、脱走した兵士たちがそれぞれ抱える過酷な現実が見えてくる。
(Netflixより抜粋)


「ムーブ・トゥ・ヘブン〜私は遺品整理士です〜」以外は、
ゾンビや地獄の使者が出てきたり、社会派作品ばかりとなってしまいました...。

世界的に注目されているK-ドラマですが、
映画「ミナリ」でアカデミー賞助演女優賞を受賞したユン・ヨジュンさんが、
先日スピーチでこのように言っていました。

「”パラサイト””BTS””イカゲーム”など、韓国の大衆芸術が、世界的に突然脚光を浴びている理由は?”と聞かれた。私たちはいつでも、変わらずに良い映画、良いドラマを作っていた。世界が突然注目しただけだ」

まさにこの言葉に尽きますね。


このページの先頭に戻る