ビジネスブログ|韓国語スクールなら福岡韓国語学校ウリにお任せ下さい。

福岡韓国語学校ウリ
2020年03月31日 [韓国語]
いよいよ福岡でも桜が咲き始めましたね。
でもこの季節、日によっては肌寒く感じませんか?

日本では、だんだん暖かくなり花が咲き始めた春の初め
急に肌寒くなることを「花冷え」と言いますが韓国にも似たような言葉があるんです。

「花冷え」は韓国語で
『꽃샘추위』 と言い、直訳的な意味は「花が咲くのを妬んで来る寒さ」です。

「花を妬む」なんてなんだかロマンティックですよね〜
こんな時期ですので残念ですが宴会は少し控えて
꽃샘추위に気を付けながらお花見楽しんくださいね^^

桜

2020年03月19日 [韓国語]
アンニョンハセヨ^^

韓国でも日本と同じように、飲食店から出前を頼むことができます。
特に韓国ドラマの中で、자장면(ジャージャー麺)を出前で頼んで食べているシーンがよく出てきますよね(笑)

「出前」(ピザなどものによっては「デリバリー」とも言いますが)は韓国語で배달(ペダル)と言い
漢字で表すと「配達」となります。
日本人にとっては「配達」といえば食べ物を届けてもらうというイメージはわきませんが
韓国で「配達」といえば、ほとんどが食べ物を届けてもらうことなんです。

韓国では배달がかなり発達しており、それはまさに『배달文化』といえます。
メニューも豊富なうえに、24時間営業や深夜営業のお店が多く、夜中に小腹がすいてチキンやピザを注文〜!というのも全然アリ(≧◇≦)
また、家や職場だけではなく、公園や海水浴場など、どこへでも届けてくれるんです!
広〜い公園や海水浴場で、どうやって見つけて届くれるかというと、注文の時に目印になるものやブロック番号などを言えばOKだとか。

배달、みなさんも機会があったら、ぜひ体験してみてくださいね〜^^

配達

2020年02月04日 [韓国語]
アンニョンハセヨ^^

日本語でも韓国語でもない第3国の言葉(例えば英語など)の中で、
同じ言葉でも日韓両国でそれぞれ微妙に使われ方が違っていることがあります。
日本に和製英語があるように
韓国にも콩글리시(コングリッシュ)という、韓国独自の使われ方をする外国語があります。
そしてそれもまた韓国語なのです。

例えば・・・
日本語でいう「スペック」という言葉は、コンピュータや機械などの構造や性能を表示したもの、
仕様、また仕様書などの意味で使われることが多いのですが、
韓国語の「스펙」は、主に就職活動において必要とされる各種条件で、
具体的には学歴、学科成績、TOEICの点数などを指します。
履歴書は、まさに仕様書と言ったところでしょうか。
韓国での就職活動の厳しさ、競争社会の深刻化が窺えますね^^;

スペック

このページの先頭に戻る